News

新着情報

2021.08.17

ワンコールで実現する2要素認証「着信認証」
導入企業の総会員数が2億会員を突破!

 株式会社オスティアリーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:大野祐治 以下、当社)が提供する、ワンコール(電話発信)するだけで認証可能な電話番号による本人認証システム「着信認証™」について導入企業の総会員数が2億会員を突破致しました。

また、導入先企業も金融、通信、公共インフラ、EC、チケット、ポイント、SaaS、C2C、SNS、ゲーム、オークション、不動産など多くの業界業種に拡がっております。

■着信認証とは

 インターネット回線のみの既存認証(ID&PW等)に加え電話回線を経由した電話番号認証を組み合わせることでデュアルライン(2回線)、デュアルファクター(2要素)認証をセキュアかつ簡単に、世界中のユーザが認証を行うことができるクラウド型認証サービスです。あらゆるサービス運営企業の会員認証において、低価格の上に短期間に導入頂くことが可能です。
※着信認証™は日本国内外に於いて特許を有しており、その技術を利用しております。

■着信認証の導入背景

【不正アクセス被害/セキュリティ導入障壁】
昨今、不正アクセスによる被害の増加に伴いセキュリティ強化の必要性があらゆる企業様において一層高まってきておりますが不正被害を受けた、または未然に被害を防止する対策として認証強化を検討しても、会員ユーザの利便性低下や認証にかかる開発工数と費用の増加が導入を阻む要因となっております。


【フィッシング詐欺(※1)の増加】
 従来はeメールやSMS(ショートメッセージ)を利用した認証手法が導入されておりましたが、昨今メールやSMSを悪用したフィッシング詐欺の年間報告件数が計22万4676件に上り、前年比4倍に急増(※2)するなど、ユーザへの被害拡大や企業内でのフィッシング詐欺に関する対策や調査工数、お問い合わせ増加が社会問題となっております。
※1 送信者を詐称したeメール、SMS(ショートメッセージ)を送りつけ、会員サイトを装った偽のサイトに接続させID、パスワードなど重要な個人情報を盗み出す行為
※2 出典:フィッシング詐欺対策協議会 フィッシングレポート2021年6月公開資料

■着信認証による課題解決

【認証手法の優位性】
 「着信認証」はサイトに表示される認証用電話番号にユーザがワンコール(電話発信)するだけで認証可能なため、ユーザの利便性を損なわずサービスの認証強化を行うことが可能です。認証費用も初期費用0円で業界最安値の認証単価を従量課金で、導入時の開発も容易なため安価にご利用いただくことが可能です。

【フィッシング詐欺への対策】

eメールやSMSでのフィッシング詐欺の主要因はユーザ側が受信した情報の真偽判定が困難な点がありますが着信認証はユーザ発信による認証の為、フィッシング詐欺の影響を受けません。
※着信認証導入と同時にコミュニケーションチャネルとしてのSMS利用を縮小する事でフィッシング詐欺に関する問い合わせ数を削減した事例もございます。

■サイト規模に応じた着信認証の選択

 当社では中~大規模サイト向けの『API版』に加え、小~中規模サイト向けにJavaScriptタグを貼るだけで着信認証が最短即日導入可能な『ASP版』を提供しております。企業様の利用環境に合った「着信認証」を導入することにより初期、月額費用を抑えてご利用頂くことが可能です。

会社概要

株式会社オスティアリーズ
本社  :東京都新宿区内藤町1番地 ガーデンクロス新宿御苑10階
代表者 :代表取締役 大野 祐治
設立  :2014年4月24日
事業内容:電話発信による個人認証サービス「着信認証」の提供、個人認証システム構築
URL  :https://ostiaries.co.jp/(コーポレートサイト)https://ostiaries.jp/(着信認証サービスサイト)

[本件に関するお問い合わせ先]
株式会社 オスティアリーズ 広報担当
TEL:03-6380-4991
E-Mail:sales@ostiaries.co.jp
※ニュースリリースに記載された内容及び画像は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。